第2章-高専教育における教養軽視と教養蔑視(2)2つの書物から-

最後に、2つの新書から、引用させていただきたい。

 

「単純な種類の無知に対処する技術は職人的な専門技術の教授と呼ばれた。これにたいして『大きくて厄介な』種類の無知に対処する技術には、教育・教養((Paideia)という呼び方がほとんど全ギリシア人の間に普通に用い入れられてる」(廣川洋一『ギリシア人の教育―教養とはなにかー』69頁)

 

「農村出身者の子弟は都市でギルドやツンフト(手工業組合)の職人になる可能性があったし、大学に進学し、法律家や官僚、司祭になる可能性も生まれていた。このような可能性が開かれたとき、はじめて人は『いかに生きるか』という問いに直面したのである・・・これが『教養』の始まりであった」(阿部謹也『「教養」とは何か』53頁)

 

 教養とは、ある時点における教育課程ではなく、生涯を通じて醸成していくものである。また、教養一般については、ちゃんと人間として仕事をする中で醸成されていくとも言える。特に、阿部謹也によれば、農夫も「人生に向かう姿勢」としての「集団の教養」を有しているという。筆者が、高専及び高専の学生の教養軽視を批判して言う際に、〝高等教育としては゛、゛専門科目に比べて゛、゛可能性を閉じている意味において゛という趣旨の限定をつけたのは、その点に留保をつけるためであった。しかし、この限定された意味であっても、その教養軽視が、「構造的」「意図的」(ある意味ではそのように仕向けられている)、「比較的」(大学並と称しているが、大学と比べて高校や大学教養の内容が省かれている)、「欺瞞的」(以上のことにあえて気付かせない)という教育のあり方そのものに関わることを背景に、しかも、これが制度化されているということも、極めて重要なことであって、以上の二つ書物を引用した次第である。農夫ならまだよいが、高専の専門技術偏重教育は、可能性のある人間の人生に向かう姿勢さえもイビツにしているのではないかと、危惧しているのでる。

 ところで、この章の表題には「蔑視」という言葉が入っている。確かに軽視されているが、蔑視などしていないという反論も聞かれそうそうである。なるほど、学校そのものはそう反論するかも知れない。①ところが、以上のような「構造性」や「欺瞞性」が、今度は、生徒の方にも跳ね返って、高専の生徒の多くが教養を蔑視するようになってはいまいか。②早期の専門科目導入が一般教育を圧迫する弊害をうんでいまいか。生徒の気質や学校の雰囲気については、次章以下で触れていくことになる。高専生に「教養がない」とされるのは、教授する内容面だけが原因ではないのである。2年次高専生が「私たちは工学実験をやらないのといけないので、そんな暗唱課題を課さないで下さい」「歴史の教科書を読む暇なんかありません」。おそらくそんな光景は高専には珍しくない。

 

  付言しておく。高専にも、問題意識の高い、優れた一般科目担当教員がいるのは、筆者も認めるのである。そして、教員の良心として、小さいながらも教養教育を充実させようとするのもわかるのであるが、私が出会った最も素直な教員は、「この学校では一般教育が非常に軽んじられているから、これが受け入れられない人は、3年でやめて大学受験しなさい」という者があった。

 ところで、高専一般科目担当教員には、

 ①大学教養課程担当者型

 大学一般教養担当者は、不当にも低く扱われてきた。その中にあって、しかるべき教養教育を実践した者もあったが、できれば専門学部に移りたいと願う者も多かった。高専の教養教育の組織基盤は極めて貧弱か無きに等しいが、高専一般教養科目担当者には、例えば大学院修了後あるいは助手・助教の任期を終えた後に直ちに高専に赴任するなどしたため、この類型にあてはまる者もいる。

 ②高専生え抜き型

 ①の類型と重なるが、院卒(昔は学部卒も多かった)後直ちに若くして高専に赴任し同じ高専に奉職するタイプ。研究者の地位を有しつつ内部から高専教育を問うというような問題意識を持っている人と、まったく、問題意識の欠片もない、しかも、研究もしないタダの先生に分かれる。ちなみに、専門科目の高専出身生え抜きのことではない。

 ③高校教諭型

 教育者の義務として、職業教育を受ける者にも、最低限これだけは身につけさせようと努力するタイプ。なお、実際の高校教員は進学校にも職業高校にも異動するから、①の人たちとは異なり結構ドライにこれが出来る。実際、生徒指導の問題もあって、高専の一般科目担当者には高校教諭出身者もかなりの比率を占める。②の人でも「教育者」に徹すればこの類型に入れられる。

 ④ゲスト型

 高専という学校があるらしいが、高校教員生活の中盤あるいは最後を迎えて、次は、「国立」の「教授」の肩書きも悪くはない。非常勤で大学で講義もできるし、好きな研究もできる。

 に分けられると思う。高専一般科目担当教員は、ある意味では高専の矛盾に気づいてそれを文章にできる人たちである。しかし、そうと知って、高専教育をそのまま肯定・礼賛する人たちに私は大きな不信感を抱く。教員自身による実態調査や教授法・教科教育法の成果は肯定できるが、しかし、例えば外部出身校長や高専に踊らされた人によるこんな教育実践例があってすばらしいという類の主張は、私にはまったく響かない。むしろ、冒頭に述べたような、本音を語り、ある意味では差別的な教員にも一部の理があると思う。ところで、こんなくだらない類型を持ち出した理由は、実は上記の②③の人たちが高専教育の矛盾に気づくパターンが多いからである。不思議なことに学者の端くれである①の人たちの方が、「ユニーク」などと言って面白がっている場合が多い。面白がっているということは、逆に距離を置いて達観しているとも言えよう。外部出身校長もこの類型に入るだろう。決して高専は「面白い」存在ではないことは、次章以下でも述べていくことになる。ちなみ、この①の類型の人たちの中には、面白がったまま、大学に口があればさっさと転出していく人も多い。