追記④ 朝日新聞高専記事「(いま子どもたちは)高専で学ぶ」

 平成30年10月28日から、朝日新聞高専に関する記事が掲載され始める。

 この記事が、たとえ「子どもたち」にとっての高専というアプローチであっても、高専制度の歴史、実態も踏まえた、多角的な視点を提供する、従って論評に値するものであるかどうか観察していく予定である。確か、日経新聞でもシリーズの高専記事があったかと思うが、日経に続く「特集」となっている。

 第一回は、相も変らぬ、お題目が並べられる。「5年間トコトン」「実習重視」「生徒ではなく学生」と呼ばれる(がクラス担任がいる)・・・などである。あらゆる高専関係の記事・宣伝活字の出だしは、いつも同じであり、朝日もこれに倣っている。こうしたお題目の背後にある問題性は既に"トコトン”述べてきたので、敢えて繰り返すまい。また、高専生の一部の学習活動を取り出して、実践的なことを教える素晴らしい教育機関らしいというところも、ワンパターン極めり、である。しかし、そのこと自体はまだよい。問題なのは、これぞ高専、とやってしまう愚である。

 この記事には、ロボット創作などに打ち込んでいるという輝ける生徒が出てくる。「大学入試がないので、やりたいことがやれる」のだという。はっきり言っておく。一般の工学部志望の高校生は、大学の工学部で「やりたいことをやる」をやるため受験勉強をし、就職活動も、その企業でやりたいことをやるため採用試験を受けるのである。否、普通の高校生でも、科学研究部などで、やりたいことをやっている。数学や物理の難問を解くことが今の所やりたいことで、これを将来やりたいことに繋げようという子もいる。この記事に即して言えば、彼らも「子どもたち」として輝こうとしているのである。

 そのロボットの生徒も、専門分野を深めるため大学に編入したいのだという。では、逆に問わなければなるまい。大学編入に「入試」はないのであろうか?また、専門分野を深めるためというが、多くの工学部生は、その「深い」専門分野にその大学の4年通常のカリキュラムに従って、自然に入っているのである。さらに、現在、大学工学部で「深さ」を求めようとしたら大学院に行かねばならない。そうすると、これも、繰り返しになってしまうが、若年時の専門性の高さは相対的なものに、むしろ、基礎科目を軽んじるために、一般知識の欠落、専門分野についても広さと深さがなくなる。

 そのロボットの生徒は、優れた資質を持った者に違いない。大学入試があれば簡単にそれを突破するあろう。そして、大学に1年から入っても、やはり、ロボットをやるだろう。それを批判材料に使うのは酷というかも知れない。しかし、彼を、高専制度一般の美点を説明するためのサンプルにするならば、高専批判のサンプルにもされるということである。「子どもたち」にとっては酷なことであるが・・・。

 記事中、『高専教育の発見』(本文・追記③で批評済み)の著者の一人である高等教育論の研究者によると、高専は一人当たりに公費の投入が多いが、これは、高専が現在の規模に留まっているからであるという。実は、かつて、筆者は、教務主任か誰かが講堂集会の講話で、「公費」投入の相対的な高さを説明されたことを覚えている。中だるみで勉強しない者が非常に多く見られ、退学する者も多いが、公費は国民の税金であることを考えよと。筆者は、その研究者なり、かつての教務主任なりの言葉に違和感を覚えている。公費投入が比較的多い学校とは言うが、それは、高校と比べてのことで、大学工学部には到底及ばないのではないかと。大学工学部は貧窮しているという。しかし、高専の実験設備は大学工学部よりも遥かに貧弱であり、研究室・講座に、助教も、独自の技術職員も、大学院生も、研究員も、いないし置けない。おそらく、高専と大学は目的が異なるという主張であり、公費も「教育」公費の相対的高さを言っているのであろう。しかし、「工学」系で、人材の厚みが足りない、実験設備が貧弱というのでは、ここでの教育を選ぶ子どもたちに、あらゆる面で不利をもたらすであろう。だから、進学するのだということの矛盾については、既に述べた。ましてや、これを増設するなどもってのほかということになろう(増設すれば、現在の高専教育の内容さえ維持できない、というのは発見であった)。

 この記事の表題は「子どもたち」ということであるが、その子どもたちを「学生」と呼んで表面上そう扱うことについては、グロテスクな事象とご都合主義的な面があることも再度確認しておこう(第2章、第4章5、終章)。

 ワシントンポストの記事は、高専制度の把握こそ表面的だが、欧米人が高専制度をどのように把握しているかという点で興味深かったから触れた(本文・追記①)。この朝日の記事も読んでいくことにするが、これから展開される高専および高専生の姿及びその背景にあるものは、全て筆者のこの文章で説明できると思っている。説明できないことがある場合のみコメントしようと考えてる。筆者が何も言及しなければ論じるに値しないものとして黙殺していると思って頂きたい。偉そうに、と思うだろうが、筆者は朝日の人たちと違って、高専に身をさらしたことがあるから、この程度の傲慢さ(新聞記者には及ばないが・・・。しかし、傲慢さは新聞記者には必要悪である)も許されると考えている。